応用化学科

日本工業大学基幹工学部

ニュース・お知らせ

2022/9/21
12月17日(土)に本学科主催の中高生向け化学・環境・バイオサイエンススクール(第17回)を開催します!広告はこちら。申し込みはHPや広告のQRコードからお願いいたします。こちらをご参照下さい。
2022/9/16
【講演会のお知らせ】2022年10月4日 15時30分から LCセンターマルチメディア教室にて 「常在菌を意識した食品機能とスキンケア」野嶽勇一教授(東京工科大学)問い合わせ先:佐野健一教授
2022/9/10
年内最後のオープンキャンパスを開催しました!オープンキャンパスの様子はこちら。受験をご検討中の方はこちらをご参照下さい。
2022/8/27 & 28
オープンキャンパスを開催しました!体験イベントに多数ご参加いただきありがとうございました。オープンキャンパスの様子はこちら。
2022/7/30 & 31
オープンキャンパスを開催しました!暑い中、ご来場ありがとうございました。オープンキャンパスの様子はこちら。
2022/7/25
本学科主催の中高生向け「第16回化学・環境・バイオサイエンススクール」を開催しました!暑い中、夏休み中の多数の中高生の参加がありました。
2022/7/21
ニューヨーク市立大学の松井宏教授をお招きし、LCセンターホールにてScience Grit特別講演会を開催しました!とても分かりやすい英語の講演で学生からも質問がでて大変盛り上がりました。講演会の様子はこちら。
2022/7/16
オープンキャンパスを開催しました!オープンキャンパスの様子はこちら。
2022/7/11
本学科の魅力をつたえる広告ができました!オープンキャンパスなどで学科パンフレットと合わせて配布されます!
2022/6/09
応用化学科の公式インスタグラムを始めました!本学科の教育・研究の日常をぜひご覧下さい。
2022/6/04
オープンキャンパスを開催しました!オープンキャンパスの様子はこちら。本年度のオープンキャンパスでは感染予防しながら体験イベントも行われます。
2022/4/8
4月12日から「NIT100円朝食」が始まります!学食のひとつ、「アルテリーベ」で100円で朝食が食べられます!詳細はこちら。
2022/4/4
小池准教授が2020年に発表した論文がAsian Journal of Organic Chemistry誌のTop Cited Articlesに選ばれました!
2022/3/26
オープンキャンパス(来場型)が行われました。応化では、基幹工学部のひとつとして学生による研究室紹介と応用化学棟見学会を実施しました。オープンキャンパスの様子はこちら。
2022/3/20
あたたかな春の日差しの中、応用化学科として最初の卒業生の学位記配布式が行われました。あわせて総代(木村洋介くん)、学長賞(海老澤秀斗くん)、カレッジマイスターエクセレント賞(佐藤詩奈さん)の表彰も行われました。ご卒業おめでとうございます!みなさんの新たなステージでのご活躍をお祈りしています。配布式後の集合写真はこちら。
2022/3/12
入学試験合格者にむけたSchooling(入学準備)の第3回(第2回はCOVID-19感染拡大のため中止)を開きました。本学科では池添先生と白木先生による模擬講義を行いました。本日は春の陽気ですっかりあたたかくなりました。新年度にみなさんにお会いできるのを楽しみにしています。Schoolingの様子はこちら。
2022/2/10
本年度から本学では資格等取得奨励金支給制度を開始しました!本学科所属の学生5名が甲種危険物取扱者資格を取得し、奨励金対象者となりました。おめでとうございます!
2022/2/7
本学科第一期生の卒業研究発表会を開催しました!新型コロナの急拡大で急遽オンラインで行いました。コロナ禍で研究活動に苦心したと思いますがお疲れ様でした! 系ごとの集合写真はこちら。
2022/1/21
本学科の受験生向け特設ホームページが公開されました! 詳細はこちら。
2022/1/8
令和3年度カレッジマイスタープログラム成果発表会がオンラインで開催されました。カレッジマイスタープログラムは本学の実践的な工学教育プログラムです。本学科ではScience Gritを実施しています。来年度からSDGs for Engineersもスタートします!
2021/12/18
本学科主催のサイエンススクールを開校しました!応用化学科の教員が四つのテーマで中高生に「サイエンス」体験を提供しました。サイエンススクールの様子はこちら。
2021/12/18
年内受験合格内定者にむけたSchooling(入学準備)を開きました。午前は基礎科目、午後は応用化学科で大学での学習を体験してもらいました。残りの高校生活を充実したものにし、新生活に向けて準備してください。新年度にみなさんにお会いできるのを楽しみにしています。Schoolingの様子はこちら。
2021/10/01
小池准教授が2019年にOrg. Biomol. Chem.誌に発表した総説が、2020年の引用回数に関して英国王立化学会(RSC)のジャーナル全体における上位5%論文(上位100論文に相当)に選出されました!
2021/9/22
飯塚研究室の大島龍司さん(博士後期課程2年)が、The 14th MIRAI conference on Microfabrication and Green Technologyにおいて最優秀論文賞を受賞しました!おめでとうございます!今後のますますのご活躍を期待しています。詳細はこちら。
2021/9/11
年内最後のオープンキャンパスを開催しました!本学科では池添教授の体験授業や学科紹介、体験実験、研究紹介、施設見学、個別進路相談会を行いました。OpenCampusの様子はこちら。
2021/8/21 & 22
感染対策を行い、NIT OpenCampusを開催しました!化学・物理実験室、応用化学棟のロビーを利用し、本学科学生による研究室紹介、本学科のユニークなカリキュラムであるサイエンスグリットの成果発表、白木教授と佐野教授による模擬講義や施設見学も行いました。OpenCampusの様子はこちら。
2021/7/28
本学科主催の中高生向けサイエンススクールを開校しました!四つのテーマで夏休み中の中高生に「サイエンス」を体験してもらいました。サイエンススクールの様子はこちら。
2021/7/10
本年度二回目のNIT OpenCampusを開催しました!3密を避け二つの実験室を利用し、本学科学生による研究室紹介や施設見学も行いました。OpenCampusの様子はこちら。
2021/6/5
本年度一回目のNIT OpenCampusを開催しました!3密を避け換気のよい実験室を利用し、本学科学生による研究室紹介や実験室から学生居室まで応用化学科棟の見学も行いました。OpenCampusの様子はこちら。
2021/5/28
埼玉県内企業様向け応用化学科棟・授業見学会を開催しました。17社の人事担当者様にご参加いただきました。詳細はこちら。
2021/5/20
小池准教授が第38回とやま賞を受賞しました!受賞業績は「可視光触媒作用を基盤とした有機合成戦略の開拓」です。財団HPはこちら。本学HPはこちら。
2021/4/1
小池准教授が着任し、分子触媒化学研究室が始動しました!
2021/2/10
白木教授の研究「全固体電池の界面不純物制御により電池容量を2倍に」のプレスリリースです。みなさん、ぜひこちらからご一読を!
2020/10/7
大澤教授の研究成果がDalton Transactions誌に掲載され、裏表紙に採択されました!詳細はこちら!
2020/8/23
8月22日(土)23日(日)オンラインでオープンキャンパスが開催されました。
2020/7/9
7月9日(木)19:00~テレビ埼玉のオープンキャンパスナビで、当学科の佐野先生のドラッグデリバリーシステムの研究が紹介されました。
2020/7/2
当学科の内田先生が「科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)」をJFEスチール(株)スチール研究所と共同受賞しました。おめでとうございます。受賞案件名は「環境調和型高品質ステンレス鋼溶製プロセスの開発」です。
2020/7/2
当学科の佐野先生の研究内容がBiochemistry誌に掲載されました。詳細はこちら!
2019/12/14
12月14日 サイエンススクールが開催されました。
2019/8/1
応用化学棟が竣工しました!
2019/7/27
2019年度版研究室ガイドブックが完成しました。詳細はこちら!
2019/7/24
7月24日 サイエンススクールが開催されました。多くの中高生のみなさんが参加しました。
2018/12/15
12月15日 サイエンススクールが開催されました。
2018/11/24
[プレスリリース] 全固体電池実現のネックを解明-界面抵抗低減の指針を確立し実用化の道拓く-詳細はこちら!
2018/7/25
7月25日 サイエンススクールが開催されました。多くの中学生・高校生のみなさんが参加しました。
2018/4/1
応用化学科HP開設しました!!

日本工業大学応用化学科の取り組み

みなさまへ

近年の科学技術の目覚ましい発展を支える化学関連産業において、わが国は世界をリードしています。応用化学科では、医薬品・食品から半導体や次世代エネルギー素材まで、卒業生が広く産業界で活躍できるよう、化学を基盤とした自然科学・工学に関する豊富な知識と経験を備え、産業や技術の変化を敏感に察知できる広い視野と迅速に対応できる柔軟な適応能力、ならびに生涯学び続ける高い意識を持つ研究者・技術者を養成します。

カリキュラムの特徴

本学科では、化学関連産業で活躍できる実践力と創造力を持ったエンジニアを育成するために、共通科目と専門科目がバランスよく配置されたカリキュラムを用意しています。

  • 1年次から2年次にかけて、基礎的な専門科目を通して、化学に関する基礎的な知識を修得します。
  • 2年次から3年次にかけて、応用的な専門科目を通して、より高度な化学に関する知識を修得します。
  • 3年次は、実践的な専門科目を通して、産業界・実社会で通用する知識を身につけます。
  • 化学以外にも物理・生物工学関連科目を通して、化学関連産業で活躍するために必要な自然科学の基礎を修得します。
  • 3年次から研究室に所属し、ゼミ・卒業研究を通して、先端研究に取り組むことで、より実践的な技術と経験、企画力、問題発見能力と解決能力、さらにプレゼンテーション能力を養うとともに、倫理 観や自己研鑽への意識を高めます。
  • 本学の教育の特徴の一つであるカレッジマイスタープログラムでは、1年次から継続して、特定の課題に取り組み、専門知識と技能を身につけた学生には、「カレッジマイスター」の称号とメダルが与えられます。

▼カリキュラムマップは画像をクリックしてご覧ください。

学科長からのご挨拶:化学+科学全般の知識をベースにスマートなモノづくりを学ぶ

我々の身の周りのものは、全て原子、分子から構成される化学物質です。化学はとても身近な存在で、サイエンスのあらゆる領域の基盤となる学問です。ここ応用化学科では、医薬品、食料品から半導体、次世代エネルギー素材まで、多彩なサイエンスを学ぶことが出来ます。ものづくりの原点である「化学」には皆さんの好奇心をくすぐる課題が沢山あります。好きこそものの上手なれ! 「化学」が好きな皆さんのチャレンジを待っています。

▼学科長 大澤正久

応用化学科インスタグラム


  • 日工大応用化学科の日常です!